80's disco mix

80年代のdiscoサウンドを語ればいいじゃない

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハイレゾ録音システム?の紹介

こなさんみんばんは^^
相変わらず多忙モードで日々仕事、録音、仕事と勤しんでおります。

ここ最近ハイレゾというキーワードが一般的に浸透してるようです。
ハイレゾってなに?詳しくはググってください(笑)。

当ブログでいうところのハイレゾ録音、、、昔のレコードを
サンプリング周波数の高い状態で録音することを指します。
本来のハイレゾとは少々趣が違うと思いますが、あくまでも当ブログでの
活動報告も兼ねてハイレゾ録音というワードを使用したいと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は当方のハイレゾ録音環境を
簡単にご紹介いたします。とある方から使用機材の紹介をしていただけないかと
リクエストが有ったので、、少々悩みましたが思い切って紹介したいと思います。

音の入口から順に紹介していきます。

カートリッジ:LYRAのSKALA
リードワイヤー:ACROLINKのLWG-8N Lead wire Rhodium
ヘッドシェル:ortofonのLH-9000
トーンアーム:ViV laboratoryのRigid Float/Ha 9inch
ターンテーブル:TechnicsのSL-1200MK6
フォノケーブル:ESOTERICの7N-DA6100II MEXCEL RCA
フォノイコライザー:PASSのXP-25
バランスケーブル:JORMA DESiGNのUNITY XLR
AD/DAコンバータ:Antelope Audioのeclipse 384
USBケーブル:TRANSPARENTのHPUSB15
パソコン:Rock On CompanyのCUBE
録音ソフト:PreSonusのStudio One Version 2

以上のシステムで192kHz / 24bitで録音しております。
参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

| オーディオ | 21:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。