80's disco mix

80年代のdiscoサウンドを語ればいいじゃない

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Re-edit その5


さて、好評の(笑)Re-editシリーズ、早いもので第五弾の
紹介となりました。メジャー曲からマイナー曲、マニアックな曲、
まだまだ紹介したいものがあるので、Re-editファンの皆様ご期待ください。

第五弾は80年代を代表するエレクトリックポップナンバーで
12インチシングル、ロングヴァージョン、エクステンデッドヴァージョン 、
これらの用語が世を席巻していた1984年にリリース
Depeche Mode-Master And Servant
のRe-edit ヴァージョンのご紹介です。 

1984年当時まだ高校1年生だった当人、
この年は当時リリースの音楽を聴いて色々と衝撃を受けたのを覚えてます。
Duran DuranのThe ReflexのExtended Versionに衝撃を受け、
Cyndi LauperのShe BopのExtended Versionに更に衝撃を受け、
The Art Of Noiseの音を聴いてショックのあまり死にかけて(笑)
音楽業界で仕事することを夢みていた少年の心が
かなり揺さぶられたことを思い出します(笑)。

さらに衝撃を受けたのが、
今回紹介するMaster And Servantのロングヴァージョンでした
(Slavery Whip Mix)。
アルバムヴァージョンとはぜんぜん違う!音自体の迫力がEQや
エフェクトの加減で大幅にアップ!しかもインダストリアルな
雰囲気が強調されーーーーー!どエラくカッコよい!!!!!
こういうものを作ってみたい!当時リミキサーなんてあまり表に
出ない存在でしたが、このころからリミキサーに注目することに。
そして、、、できることならこういう仕事をしたい!と、進路を
音楽制作のエンジニア一本に絞った記憶があります。
ちなみに夢は絶たれて、現在このようなブログで遊んでる次第です(汗〉。

当時の衝撃は凄かったのですが、実際フロアの現場で使うとなると、
かなーーーり使いづらい(笑)。Duran DuranのThe Reflexもしかり(笑)。
当時の衝撃を否定するわけではないですが、今あらためて聴いてみると、
いじりたいところだらけ(笑)。使えねーー!だらだら長くしやがってー!
って、言いたいところですがあぁ。

しかし、、いじる際にはおいしいネタが随所にちりばめられており、
Re-editを作る前からよだれが。。。。触手がくすぐられるおいしい曲!
さらに、同じく1984年に同曲のU.S. Black & Blue Versionもリリース。
こちらは前者のSlavery Whip Mixに更に手を加えたヴァージョン。
こちらのほうが衝撃が大きかったように思います。意表を衝いた
アクセントに、、、やられたーーー!感が、悔しかった(笑)思い出が
よみがえります。もちろんこのヴァージョンも長くて使えねーーー!

そんなこんなで、思い出深い、僕の人生を少し狂わせた
ロングヴァージョンのRe-editの詳細を以下に。
前置き長いしー、微妙にハードル上げてるし(笑)。
 
使用したヴァージョンは、当時のオリジナル12インチとRemix 12インチに収録の
Master And Servant(Slavery Whip Mix)、
Master And Servant(Voxless)(インストロメンタル)、
Master And Servant(U.S. Black & Blue Version)、
とAlbum Versionを使用しました。
当時の音のみで制作しました。

さて、今回のMaster And Servantは先にも書いたように、
繋ぐにしても繋がれるにしても使いにくく、、、やたら長い。
おいしいフレーズやかっこいい箇所がたくさんあるのに、
それを結ぶ距離が長い。。。。

上記の不満を解消するために、前奏をシンプルにして、
メインのフレーズに入る前にアクセントで大きくインパクトつけました。
途中の展開も、かっこいい箇所を結ぶ距離を短くし、さらにアクセント
もちりばめ、十分楽しんだ後一気に間奏に持っていく展開!
尺的には充分ではないかと!構成も凝縮感があって満足!
で、完成したのが上のヴァージョン
Master And Servant(Zukei re-edit Short)です。
なんか、、、、アルバムヴァージョン使ったほうがいいんじゃねー?
との疑問が浮上(笑)。

なんだか物足りない(笑)。もう少しいじって意表を
衝く感じを盛り込みたい!その想いを勢いに変えて一気に
作ったのが下のヴァージョン
Master And Servant(Zukei re-edit Long)です。

使いやすくコンパクトに!がメイン  だったが、
オリジナルのロングヴァージョンにおいしい箇所が多いので、
ついついedit箇所増えてしまいました。小節を大きく外す箇所は
ほとんど無いので、苦しいeditではないと思いますが、
意表を衝かれる箇所は、個人的には鳥肌なので、
それらを踏まえて聴いてください。まとまり感はあると思います。

当人が作るre-editは、個人的趣味でもありますが、
基本的に現場でプレイするDJさんのために作っております。
是非現場で使いたいというDJさんは、メールで熱いメッセージを!

80 disco mix(トップページ)へ戻る
作品及び収録曲一覧を観る
スポンサーサイト

| re-edit | 09:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。