80's disco mix

80年代のdiscoサウンドを語ればいいじゃない

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Re-edit その3

第三弾はいまだにテクノ界のキングといわれ続けているKraftwerk、
そんな彼らのアルバムの中でテクノ系アーティストやDJから
フェイバリットアルバムとの呼び声が高い、1981年リリース
computer worldからの一曲、
NumbersのRe-edit ヴァージョンのご紹介です。

使用したヴァージョンは、アルバムヴァージョン、
(12インチシングルも多数存在するが、全てアルバムヴァージョンと同一〉
ライブヴァージョン、ワンポイントとして、アルバム曲より
Home Computer 、 It's More Fun To Compute を使用してます。
それ以外は、前々回紹介しましたPlanet rockにも使用されてる、
Kraftwerkオフィシャルサイトのナンバーズヴォイスネタ。
  
さて今回のNumbersは、元々使いやすいのですが、
時間が短く、しかも単体でのプレイよりもビートの
ループ で使用されたりと〈笑)、他の曲に被せたりまたは
被せられたり、、、アカペラが乗ったかったり。。。。
そんな使われ方が多いように思います。
ブートで見かけるre-edit盤も尺を長くしたループ物などが
多いのかなー??

自分は違った感じで仕上げたかったのですが、如何せん
短調な曲でして。。。変化をつけるとなると、他の曲のネタに
頼らざるを得ない!それも避けたかったので、
巷に出回ってるようなブート盤同様、尺を長くしたり
曲構成をいじってみたり、kraftwerkの音ネタを追加したり、、、
その程度に止めました。

結果、どこにでもあるようなものが出来上がりました(汗〉

当人が作るre-editは、個人的趣味でもありますが、
基本的に現場でプレイするDJさんのために作っております。
是非現場で使いたいというDJさんは、メールで熱いメッセージを!

80 disco mix(トップページ)へ戻る
作品及び収録曲一覧を観る
スポンサーサイト

| re-edit | 15:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。