80's disco mix

80年代のdiscoサウンドを語ればいいじゃない

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Pc Mix Vol.55(80's Pops)完成

さて、先日告知した通り、今年一発目のNonstop Mix アップ致します。

ジャンルは予定通り80's Popsで、クラブ寄りではなく
ビルボード寄りの選曲となっております。

今回はシングルカットされたもの以外も収録しました。
LP収録曲でもいい曲はあるので、その中でもお気に入りの
曲をチョイスしました。Track 6や12などがそれに当たります。
当初はLP収録オンリー曲でmix作ろうと企てましたが、
あまりにも華がないので(笑)、企画倒れとなりました。
企画も倒すも当方次第、一人遊びです(笑)。

今回のミックス、といってもここ最近のmixの傾向ですが、
楽曲重視のedit少なめで構成しております。
この年令になるとガシャガシャ切りまくりのeditしまくりは
聴くのも切るのも疲れるのです。。。
楽曲をスムーズに展開することに重きを置いてます。

2~4曲くらいで雰囲気を変える構成がマイブームでして、
今回もそれに準拠で構成しております。雰囲気の切り替えには
フェードアウトの曲ではなく、カットアウトで終わる曲が
重宝します。時に、
ショートヴァージョンやLPヴァージョンが使い勝手良い場合もありますし、
ロングヴァージョンやインストなど、使える美味しい箇所があるものを、
部分的に切ったり貼ったりしてスムーズな展開に一役買っております。

派手なeditではなく構成上必要最小限のeditを盛り込むスタイルが
基本ですが、特に今回のポップス系は美味しい箇所が少ないので、
必然的にedit少なめとなるわけです。

今回もすべてレコードを96khzのハイレゾで録音し、acid上で
編集しました。今回からはレコード針やリードワイヤー、ケーブル、
クロックジェネレター等々ハイエンドに近い機器を用いて録音しました。
確実に良い音で録音できているので、最終的な音質調整が
ものすごく楽でした。スピーカーはADAMのS4X-Vを使用しており、
今回は更にsubウーハーも用意して低音の調整も行いましたので、
全体的にクリアーな音で優しい感じになったと思います。

興味ある方は聴いてくださいませ。

Pc Mix Vol.55(80's Pops)

01.Kyrie-Mr. Mister-1985
02.Sledgehammer-Peter Gabriel-1986
03.Slave To The Rhythm-Grace Jones-1985
04.Let Me Go-Heaven 17-1982
05.Radio Ga Ga-Queen-1984
06.On tHe Plate-Kaja Goo Goo-1984
07.Hot Water-Level 42-1986
08.Mothers Talk-Tears For Fears-1984
09.Let's Dance-David Bowie-1983
10.Say Say Say-Paul McCartney & Michael Jackson-1983
11.Wham Rap-Wham-1982
12.Think Of Me-Madonna-1983
13.Who Needs Love Like That-Erasure-1985
14.Peter Gun-The Art Of Noise-1986
15.A View To A Kill-Duran Duran-1985
16.It's My Life-Talk Talk-1984
17.Here Come The Rain Again-Eurythmics-1983
18.One Of Our Submarines-Thomas Dolby-1982
19.Only When You Leave-Spandau Ballet-1983
20.Angel 07-Hubert Kah-1985
21.Eyes Without A Face-Billy Idol-1984

再生はこちら




スポンサーサイト

| pc mix | 12:45 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さて、今年一発目のNonstop Mix 作成開始しました。

使用する曲のハイレゾ録音が終わり、ミックスもほぼ完成しております。

音が良いので全体の音質調整はそれほど時間はかからないと思います。
ただ、特急納期の仕事が入ったため、作品のアップは明日辺り?

楽曲重視で、全体の構成で聴かせるタイプのミックスとなっております。
ジャンルが80’sポップスなので、editは必用最小限です^^

ちなみに、大雪、、私の住んでる石川県某市の平地では積雪ございませんでした。
さて、仕事に専念します!

| pc mix | 08:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オリジナル曲、もう一曲アップです。

こちらはDTM始めて最初に完成形とした作品です。
ハウスっぽく仕上げましたが、今聴くとBPM少し早めですね。

1997年作品
How Picow!

| オリジナル曲 | 17:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

zukeiオリジナル曲紹介

さて、今年最初の紹介曲は、わたくしオリジナル曲です(笑)。

実は1997年頃から一時期DTMをやっておりまして、
当時OMSというインターフェースを利用してPower Mac上で
VISIONというソフトとシンセ等で作っておりました。

16チャンネルのミキサー一発録音という制限の中で、
サンプリングとシンセでそこそこ作り込んでいました。

現在の当家オーディオシステムで久しぶりに聴いたところ、
なんとなく体がしびれたので(笑)、思い切ってyou tubeにアップしました。
著作権関係なくアップできると思うのですが、
kraftwerkの音をサンプリングしてるのでそれが引っかからないか。。。

まだまだたくさんの曲のストックがあるので、適宜にアップしていきます^^
まずは第一弾!

technoworks-1998年作成

| オリジナル曲 | 20:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年

謹賀新年
本年もどうぞ宜しくお願いします^^

さて、今年はどのような年になるか。
昨年は当方の仕事内容が一部激変した年でした。
音楽に戯れる時間が少なくなりそうな傾向です。

しかし、音楽に対する情熱は変わっておりません。
レコードの高音質デジタル化を最重要課題とし、
PCミックス中心の作品作成を基本にre-edit作成等、
今後も当ブログを通じて紹介いたします。

数少ない当ブログの読者様、いつも見てくださってありがとうございます。
ときにはいいね、そしてコメント、メールなど温かいレスポンス
大変嬉しく思います。皆様のご期待に応えられるよう
今年も頑張ります。

つい先日ですが、ようやくレコードデジタル化に向けて
機材一式揃いました。

使用機材一覧
フォノイコライザー:YBA のPH150
AD/DAコンバータ:Antelope AudioのEclipse384
クロックジェネレータ:Antelope Audioの10MX
カートリッジ:van den Hul のCRIMSON
カートリッジ:PhasemationのPP-2000
リードワイヤー:KS-RemastaのKS-Stage401EVO.I-VK
フォノケーブル:Jorma DesignのOrigo RCA
インターコネクトケーブル:Jorma DesignのOrigo XRL
電源ケーブル一式:Jorma DesignのAC LANDA RH2
電源タップ2台:Audio ReplasのSBT-4SZ/HG-MK2R
壁コンセント一式:Audio ReplasのSCB-2SZ  SCB-4SZ
                     RWC-2RU
                     CPP-2SZ/HG

以上の機材を使用して、当方所有しているレコードのデジタル化を行います。

また、あくまでも予定ですが、
個人所有のアナログレコードのデジタル化代行業務を
開始する予定です。時期はわかりません。本業とは別業務に
なりますし、ホームページ作成なども必要となってきますからね!

今年はとにかく忙しくなりそうです。

さて、これから初詣行ってきます!

ではでは皆様、今年も当ブログをよろしくお願いいたします。


| 近況 | 11:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。