80's disco mix

80年代のdiscoサウンドを語ればいいじゃない

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

録音環境

先日書いたように、レコードのデジタル音源化において、
現在の録音環境並びに録音方法を紹介します。

思い起こせば10年前、いや、、、10年ほど前になりますか。。。。
パソコン内でNonstop mixやremixが作れないかと思い立ったのがきっかけ。
実際本格的に録音環境を整えたのは6年ほど前になるかなー。。。

ネットで機材屋さんを検索し、品揃やサイトの印象で某楽器店に
電話で問い合わせ、、、ってここから話すの(笑)????

長くなる予感。。。ブログの場合、、、、紙幅は限られていないので(笑)、
どれだけ書いてもいいのですが、まあ、記憶にあることを書いて、
自身の録音遍歴の再確認の意味も込めて書きなぐりたいと思います。
ブログ記事としては数回に分けるかもです。
ご容赦&お付き合いよろしく。

で、、楽器店のスタッフさんにレコードをパソコンにwavで録音したい
旨を伝えて、何と何が必要かを問い合わせたところ、
オーディオインターフェースと録音ソフトを勧められた。
良い音で録音するにはケーブルやDJミキサー、針もそこそこの
ものを使ったほうが良いとのこと。

ベスタクスのミキサーちょうど
壊れかかってたので、ミキサーはECLER、針はオルトフォンのnight clubのE、
ケーブルはGothamのバランスタイプ。そしてオーディオインターフェースは
EDIROLのUA-25。当時としては十分なチョイスだったと思います。
楽器店スタッフ恐るべしと、、、、後でわかったのですが、その楽器屋の
社長さんでした(汗)。録音ソフトは元々Wave Labを持っていたので
それを使うことに。

いざ録音!録音となると録音レベルの調整が少々面倒。
カセットテープに録音する時とは少々勝手が違う。
録音レベルが0dbを絶対に超えてはならないが、なるべく録音レベルは
稼ぎたい!Wave Labのレベルメーターとにらみ合いながら、
ミキサーのボリューム調整。0を超えない設定ができたら録音開始。
こんな面倒なことをしながら1曲1曲録音してました。
このレベルを出来るだけ稼いで録音する!どこで仕入れた情報か定かではないが、
そもそもこのことが今に至る迷走の始まりでした(汗)。

録音した音源をCDに焼いてディスコイベントでプレイする分には全く
問題がなく、そこそこいい音でプレイしてたように思う。
問題はパソコンで作るNonstop MixやRemix作品。これをAcid Pro上で
Editするわけだが、音質やレベル調整が結構大変。

だって、、、0dbぎりぎりで録音してるし、時にはCDからリッピングした
音源も使うわけで、音圧が全然違う。その差を補うために
EQやコンプやリミッターのダイナミクス系プラグインソフトで調整するが、
最終的に出来上がった音はかなり痛々しい(笑)。
そもそも0dbギリギリに録音した音源や、CD音源(マスタリング済音源)、、、
これらの音源にはヘッドルーム、、、いわゆる調整幅が無い!。

通常音楽制作の場では、-6dbを超えないように録音するのが常識らしい。
まあ、あまり詳しいことは書きませんが、-6db~0dbの間を最終的な
マスタリング用の調整枠と考え、EQやダイナミクス系エフェクターで
音を持ち上げるらしい。持ち上げることであのパンチの効いたサウンドが
生まれるわけですね。当時はこの-6db録音、、、知らなかったんだよねーーー。
どこかの有名DJが、パソコンにレコードを録音するときは、めいっぱい
レベルを稼ぐことが一番!と誇らしげに言ってたのは、フロアでそれを
使うことが前提だったわけですね。ふーーっ、話を元に戻しましょう

そんなこんなで思い通りに音が加工できないが、最終的にそこそこの
音で作品をでっち上げることで帳尻を合わせておりました。
その後もいい音の追求は続き、さらなる高音質を求め、
機材の一新を決断するに至る。

2008年頃にミキサーをALLEN & HEATHのxone 92に、オーディオインターフェース
をmotuのtravelerに、録音ソフトをLive 7に、針をortofonのGOLDに、
さらにこの時には、t.c.electronicのFinalizer Expressも導入。
ミキサーの音をFinalizerに通し、そこで音圧と音質を微調整し、
パソコンに録音するという暴挙に走りました(笑)。こうすることで
0dbを超えない高音質な音が手に入れられると調子に乗って、
大量にレコードを録音しました。
機材の一新による音質向上は確実でした。Finalizerでの微調整も
好調で、PCソフト上でのでっち上げ作業も極端なものではなくなり、
これでしばらく落ち着くかに思えたが、、、、、、
次回に続く(汗)。。。まだまだ続く(笑)。


スポンサーサイト

| 音響 | 21:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

録音の話

少しおひさですね。
現在超多忙中につき、録音作業は中止しております。
といいつつ、、、実は録音方法の模索中でして、各機器の設定や
ケーブルの接続見直し、その他細かな設定でどのような違いがあるのかを
検証しておりました。

いえ、まだ検証中でございます。

なかなか答えが見つからないし、これからも答えは見つけられないと思う。
正解などないし、他人がどうであれ自分が納得できる音が得られるまで
この作業は続く。そこそこ満足できるものが得られれば録音を開始し、
その音で作品を作る。

制作時に散々聴いてるので、作品完成後はあまり聴くことはないが、
偶偶聴いたときに音質に引っかかる、、、、また設定の見直し。。。
少々長いスパンの堂々巡りですわ^^
これがまた楽しいのである。

書きたいことやまほどあるが、ほかにやらなきゃいけないことも
やまほどある。とりあえず、新規機材の導入告知いたーーす!

その前に、現状の録音方法を紹介する予定。
使ってる機材の紹介も止むを得ない。。。。
ひけらかす訳ではないのでご容赦。

近日中に紹介します。
アナログレコードのデジタル化に興味を持たれる方多いと思うので、
参考になれば幸いデッセジェニー(謎)。

| 音響 | 15:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Pc Mix Vol.45(New Romantic & Techno Pop)

さて、ここ数日公私共に忙しく、、、、現在も何かとたて込んでおります。
仕事の量も今年最大のピーク、、、2回目の到来とあいなります。

今年は録音環境の一新と、アナログレコード購入意欲の再燃で、
確実に散財しております。その度に仕事が入ってくるのは偶偶なのか、
金は天下の回り物!ということなのか。。。
そんなこんなを想いながら、日々納期に追われて仕事をしております。

そんな中、たて続けに作ったPCミックス2作品、後編の紹介です。

前回の

≫ Read More

| pc mix | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Pc Mix Vol.44(Techno Pop & New Romantic)

さて、久しぶりの新作ミックスです。
年末まで多忙必至のさなか、多忙中の息抜き兼ねたレコード
録音&ミックス制作の第一弾ってか!

前回の告知、44繋がりで原点回帰を謳った通り自分らしい選曲構成で
でっち上げました。昭和44年に生まれ来年早々に44歳になる
私がVol.44を作りましたよ!ww

って、ここだけの話、、、、今回のこのジャンルで、、、、、
並行してVol.45もほぼ完成なんです(笑)。
1枚にまとめられなくて、、、かといって同系列の選曲構成で2枚組も
違和感あるので、44アニヴァーサリーといっておきながら、
44歳になる前に45も紹介することになりそうです。

前置きはこの辺にして、

≫ Read More

| pc mix | 19:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。